資料ダウンロード
資料ダウンロード

イージーツイスター

イージーツイスター

イージーツイスターとは?

ブリスターパックの代替としてお使い頂ける新しい包装材イージーツイスター。その名の通り、ツイスト(くるっとひねる)することで簡単に開封することができます。ユーザビリティとデザイン性に加えて環境に配慮された包装材です。弊社独自の技術で今までにない包装形態となっており、特許出願中です。

 

ひねるだけ、簡単開封

一般的なブリスターパックやシュリンク付台紙は、開封の際に力が必要だったり、フィルムと商品が密着してはがしにくいという問題がありました。イージーツイスターはその問題を解決。両手で持ち、クルッとひねることでパッケージが開き、簡単に中の商品を取り出すことができます。(特許出願中)

 

フック部分は台紙と透明ラベルの2種類です。フックがない形状も可能です。

ツイストブリスター

 

 

プラスチック使用量大幅削減で環境にやさしい

シュリンクラベルと台紙を使用しているので、プラスチックの使用量を大幅に削減できます。アイライナーの一般的なブリスターパックはプラスチックの重さが約7.5gに対し、イージーツイスターは約1.3gです。この2つを比較した場合、イージーツイスターでは約82%のプラスチック使用量削減になります。開封後は台紙とフィルムを分別してコンパクトに捨てることができます。

イージーツイスタープラスチック使用量比較
※アイライナーのブリスターパックを約7.5gと仮定した場合

 

ピタッと固定で正面ズレの悩み解消!

一般的なブリスターパックでは、商品が円柱状だと中で回転してしまうという問題がありましたが、イージーツイスターはその問題を解決。シュリンクラベルを使用することで商品形状にフィットし、商品が正面に固定されます。

 

 

商品を見せて訴求力UP

中の商品を見せることで店頭での訴求力が上がり、商品の魅力を引き立てます。​また、商品そのものが見えているので、何が入っているのか?どんなデザインなのか?という情報を​​より直感的に伝えることができ、安心して手に取っていただけます。コスメ、日用品など、さまざまなパッケージにご利用いただけます。

イージーツイスター用途例
※商品の形状によってテストが必要です。

 

金型不要で初期費用削減!

イージーツイスターは、シュリンクラベルで商品と台紙を包み込む構造のため、金型を制作する必要がありません。一般的にブリスターパックの金型制作にかかる費用は40万円~60万円といわれています。イージーツイスターにすることで、初期費用を抑えコストダウンすることが可能です。

イージーツイスター初期費用比較

 

版不要!小ロット多品種OK

デジタル印刷で製造することにより、小ロット・多品種で生産することができ、在庫を抱え込むことなく生産量をコントロールすることができます。同じ寸法であれば付け合わせの印刷が可能なので、発注数の中で印刷枚数を設定することができます。また、印刷の際に版を作る必要がないので初期費用が抑えられ、複数のパッケージ展開もしやすくなります。

こんな場合におすすめです!

SKUが多い商品

販路先に合わせてデザインを変更して商品展開

期間限定、地域限定商品

テストマーケティングなど…

 

 

フック穴を付ければ店頭では吊り下げ型什器にそのまま吊るすことができます。省スペースで棚取りもしやすくなります。また、フック無し形状の場合は什器にセットして置き型として陳列することも可能です。▶︎什器はこちら

ツイストブリスター_什器利用シーン

03-5914-1421
※平日9:00~17:00

↑お電話でのお問い合わせはこちら↑

お問い合わせ

↑フォームからのお問い合わせはこちら↑

サービス資料

↑サービス資料のダウンロードはこちら↑