パウチューブ

パウチューブ

パウチューブとは?

チューブの代替としてお使い頂ける新しい包装材パウチューブ。チューブの機能性とパウチの美粧性を掛け合わせた、まるでチューブのようなパウチです。チューブに比べ色の再現性が高く、逆さまに立てたり、吊り下げたりすることができるので内容物を絞り出しやすく、使いやすい形状になっています。一般的なチューブと比べて胴体部分のプラスチック使用量が最大約70%削減になり、環境にも配慮されたパウチです。

 

デジタル印刷機で印刷することで美粧性のあるデザインが可能に!

化粧品に多く使われている押出チューブは、筒型の容器に直接印刷をする直刷り印刷という方法で印刷されています。チューブ製品への直刷り印刷では繊細な表現の再現性に限界があり、デザインの幅を広げることができないという懸念点がありました。
パウチューブなら、デジタル印刷機を用いることで、フルカラーの印刷も綺麗に仕上がります。グラデーションや写真などの繊細な表現ができるのでデザインの幅が広がり、新しい売り方や見せ方をすることも可能です。

パウチューブ_アップ
【アルミ】

パウチューブ透明_アップ
【透明】

素材はアルミと透明の2種類をご用意しております。内容物を保護したい場合はアルミ、内容物を見せたい場合は透明と、用途によってお選びいただけます。

弊社では複数の印刷機を保有しておりますので、ロット数やデザインの表現によって印刷機を使い分け、最適な製造方法をご提案いたします。小ロットならデジタル印刷がおすすめです。版を作る必要がないため、デザイン数が多いほどコストメリットが出ます。必要な枚数だけを生産することができるので、在庫のコントロールや、テストマーケティングにも活用できます。※データ変換費が必要です。

 

日常をもっと便利に、使いやすく機能的なデザイン

チューブに比べて胴体フィルムが薄いので、柔らかく絞りやすいのが特長です。持ち運びに便利なサイズ感で、使用後は小さく丸めて捨てることができます。スパウトパウチは使用していくうちに内容物が減り、自立が難しくなりますが、パウチューブなら内容物が減っても自立します。逆さに立てることでキャップに近い部分に内容物が溜まり、使用する際はすぐに出せる状態になり便利です。小さいサイズのパウチ製造は他社では難しいため、パウチューブを用いることで他の商品と差別化することも可能です。

絞りやすいパウチューブ

パウチューブ_使い切りイメージ

 

自宅で使う際には洗面所のタオルバーや浴室に吊り下げることができるので、限られたスペースを効率よく活用できます。また、吊り下げて使うことでお掃除がしやすく、衛生的です。

洗面所シーン

 

持ち運びに便利なサイズ感なので、トラベル用、スポーツジム用にと用途はさまざまです。内容量は40〜45mlなので3〜7日のトライアル販売にもおすすめのサイズです。

 

 

最大約70%プラスチック使用量削減(チューブ胴体部分)

 一般的なラミネートチューブは胴体の厚みが220〜350μ、押出チューブは400〜500μに対し、本製品は透明構成127μ、アルミ構成146μ(インキ層・接着剤層除く)です。一般的な押出しチューブを450μ前後と仮定した場合、チューブ胴体部分で約70%のプラスチック使用量削減になります。※パウチューブ透明構成と一般的な押出チューブで比較した場合
従来のチューブと比較して大幅に薄肉化を実現しており、プラスチック使用量削減により環境負荷低減に貢献しています。また、小ロットであればデジタル印刷で必要な分だけを製造できるので過剰な在庫を抱える心配もありません。

パウチューブプラスチック使用量比較

 

薄肉化をするとへたりやすく、店頭に並べた際に見た目がチープに見えてしまうという難点がありましたが、弊社のパウチューブはその課題を解決。三方を製袋することで程よくハリを持たせ、店頭に並べた際、商品の美粧性を保つことができます。

また、フック穴が付いているので吊るすこともできます。店頭では吊り下げ型什器にそのまま吊るすことができ省スペースで棚取りもしやすくなります。
チューブ形状のパウチが吊るされていることで見た目にもインパクトがあります。

パウチューブ什器利用シーン

03-5914-1421
※平日9:00~17:00

↑お電話でのお問い合わせはこちら↑

お問い合わせ

↑フォームからのお問い合わせはこちら↑

サービス資料

↑サービス資料のダウンロードはこちら↑